« バブルコーラルシュリンプ その2 | トップページ | アカククリ »

2006年8月21日 (月)

アマモの群生とそこに生きる生き物

本日は、鹿児島錦江湾の海をお送りします。私が撮影した本映像は、TBSで放送している”夢の扉”という番組で、資料映像として放送されました。

日本の大都市のまわりの湾内は、江湾工事、生活廃水等によって海が汚され、海が濁り、アマモのような海草は、すぐに影響を受けるようです。ここ鹿児島錦江湾でもアマモが一時、相当減ったそうです。

錦港湾のアマモは、1年草だそうで、毎年生え変わるそうです。伊豆の(あまり見かけなくなった)アマモは、多年草で、生え変わるわけではなく株で増えていくそうです。これもアマモの環境適応なのでしょう。

Kinkouwan_yumenotobira

この写真をクリックすると、動画をご覧いただくことができます。
(この映像は、QuickTime7で見ることができます。)

参考:このビデオは、ソニーHVR-A1Jで撮影されたものです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

|

« バブルコーラルシュリンプ その2 | トップページ | アカククリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アマモの群生とそこに生きる生き物:

« バブルコーラルシュリンプ その2 | トップページ | アカククリ »