2008年11月11日 (火)

擬態するヘラヤガラの若魚

ヘラヤガラの体色は、いろんな色の固体がいます。この若魚は、まさに、ソフトコーラルと同化した色合いの体色で、しかも、ソフトコーラルと同じようにゆらゆら揺れて、動きも同化していました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

カンザシヤドカリの1種

今回の映像のカンザシヤドカリは、はさみの模様が普段見かけるのと違っていました。それで1種ということになります。とっても小さく、こうしたサンゴの中に隠れて住んでいます。このサンゴの穴は、自分で作るわけではなく貝などが作って、その貝が死んだ後の穴を見つけて住んでいるようです。

Kanzashiyadokarisp_a1

この写真をクリックすると、動画をご覧いただくことができます。
(この映像は、QuickTime7で見ることができます。)

参考:このビデオは、ソニーHVR-A1Jで撮影されたものです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

サザナミフグとオニヒトデ1

オニヒトデをガイドが見つけ、それを殺しているところに、サザナミフグがやってきました。仕草がかわいらしく、ちょっと犬っぽい動きに見えました。うれしそうに、オニヒトデの肉を食べていました。

Sazanamifugu_a1

この写真をクリックすると、動画をご覧いただくことができます。
(この映像は、QuickTime7で見ることができます。)

参考:このビデオは、ソニーHVR-A1Jで撮影されたものです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

サンゴと小魚1

サンゴの上にカメラを置いて、撮影してみました。おかげで、全くカメラが動かず安定した映像が撮れています。映像の後半にカメラの近くをよぎる、チョウチョウウオの仲間は、ヤリカタギという魚です。そして、奥の水色の小魚たちは、デバスズメダイです。

Sangotokozakana_a1

この写真をクリックすると、動画をご覧いただくことができます。
(この映像は、QuickTime7で見ることができます。)

参考:このビデオは、ソニーHVR-A1Jで撮影されたものです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

ハナミノカサゴと緑色レーザー2

ハナミノカサゴが、緑色のレーザーに反応している様を撮影しました。このレーザーいっしょに潜った人が、自分で、ハウジングを作って持ってこられました。それをガイドの人がおもしろがって、ハナミノカサゴにちょっかいを出しているところです。こうして見てみると犬や猫のような仕草に私には見えました。

Hanaminokasago_laser_a2

この写真をクリックすると、動画をご覧いただくことができます。
(この映像は、QuickTime7で見ることができます。)

参考:このビデオは、ソニーHVR-A1Jで撮影されたものです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

ヒレフリサンカクハゼの幼魚2(ハゼ その40)

赤上げて、赤下げないで、赤下げる。なんて感じで、背びれを上げたり下げたりしています。まだとっても小さい子供です。とってもかわいらしいですね。

40_hirefurisankaku_haze

この写真をクリックすると、動画をご覧いただくことができます。
(この映像は、QuickTime7で見ることができます。)

参考:このビデオは、ソニーHVR-A1Jで撮影されたものです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

ハナミノカサゴとレーザー

この白い砂地に、ぽつんとハナミノカサゴがいました。そこで、一緒に潜っていたダイバーが、指し棒の代わりに開発した水中レーザーポインターを使って、ハナミノカサゴを混乱におとしいれているガイドがそこにいました。

Hanaminokasago_laser_a1

この写真をクリックすると、動画をご覧いただくことができます。
(この映像は、QuickTime7で見ることができます。)

参考:このビデオは、ソニーHVR-A1Jで撮影されたものです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

トオアカクマノミ

クマノミの仲間の中で、トウアカクマノミは、着くイソギンチャクが決まっているので、いるところが限られています。この親子のように見えるトウアカクマノミたちは、親子ではないようです。彼らも生き残って行くのはかなり大変だなあと思うのです。

Toakakumanomi_a1

この写真をクリックすると、動画をご覧いただくことができます。
(この映像は、QuickTime7で見ることができます。)

参考:このビデオは、ソニーHVR-A1Jで撮影されたものです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

ウミウシカクレエビ(@阿嘉)

ウミウシカクレエビをウミウシに隠れていることを見かけたことはありません。今回のようにナマコについていることをよく見かけます。小さなエビが大きなナマコについているわけですが、すばしっこく動いて逃げていくので、綺麗なエビをじっくり写すのは大変です。

Umiushikakureebi_a1

この写真をクリックすると、動画をご覧いただくことができます。
(この映像は、QuickTime7で見ることができます。)

参考:このビデオは、ソニーHVR-A1Jで撮影されたものです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

慶良間のニシバマ

真っ白の砂地が、辺り一面に続いています。その中を、ダイバーが、泳いで行きます。このダイビングポイントは、本当に、沖縄を代表するポイントだとあらためて思うのです。この白い砂地で心が癒されます。

Nishibama_fukei_a1

この写真をクリックすると、動画をご覧いただくことができます。
(この映像は、QuickTime7で見ることができます。)

参考:このビデオは、ソニーHVR-A1Jで撮影されたものです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧